Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日に贈りたい手帳小物

6月21日、もうすぐ父の日ですね~。
何を贈ろうか迷ってる方も多いかもしれません。私もそうですが(^^;)
このブログは手帳を題材にしているので、それにちなんだ贈り物ということで、手帳小物を何点かチョイスしてみたいと思います。
ぜひ参考にしてください。


■LAMY マルチボールペン ラミー2000

いわずとしれた高級ボールペンメーカー「LAMY」の4色ボールペンです。いいですねぇ。フォルムが美しい。私も欲しいです(笑)
ボールペンとしては少々高い値段ですが、一生モノだと思えばそれ程でもないかもしれません。




■呉服屋のブックカバー [文庫本版]

商品名の通り、着物の生地を使ったブックカバーです。触り心地がよさそうです。




■Moleskine Pocket Squared Notebook Classic モレスキン ノートブック)

ゴッホやピカソ、ヘミングウェイが愛用していた事で知られる「モレスキン」の方眼ノートです。
安いA6ノートばかり使ってる私にとっては、高嶺の花的なアイテムです。手にするだけで創造的な気持ちになる、不思議なハードカバーノートです。
これ、プレゼントされたら嬉しいなぁ。




父の日は母の日に比べて軽視されがち(^^;)ですが、一度ぐらいは「おお!」と驚かれるような素敵な贈り物をしたいものですね。

私が「超」整理手帳のジャバラ週間スケジュールを使わない理由

以前のエントリに書いたとおり、「超」整理手帳を常時携帯しています。A4資料の挟み込みには、非常に便利です。
ただし、公式リフィルの類は一切使っていません。

「超」整理手帳といえば、ジャバラの週間スケジュールが売りなのに、なぜ使わないのか?
今回はその理由について少し書いてみます。

「超」整理手帳のジャバラ週間スケジュールについて

「超」整理手帳について詳しくご存知ない方のために念のため説明しておきますと、「超」整理手帳という商品は、経済学者の野口悠紀夫氏が考案した、A4四つ折サイズの手帳です。A4四つ折といってもA6サイズではなく、A4を縦に四つ折したサイズです。
このサイズ設計が絶妙で、A4サイズの紙を無理なく挟みこむことができます。パソコンでプリントアウトした資料等をこの手帳に挟み込めば、自作のリフィルが即完成するわけです。
同時に、スケジュール管理にも工夫が凝らされています。「超」整理手帳には、ジャバラ折のスケジュールシートが付属してきます。このシートを使う事で、1週間単位のスケジュールを基本としながら、同時に1ヶ月~2ヶ月先のスケジュールを見渡すことが可能となっています。
また、「超」整理手帳は、A4サイズのリフィルが簡単に作成できることも手伝って、ユーザーコミュニティの活動が非常に活発です(最近はそうでもないみたいですが)。
もっと詳しい事を知りたい方は、以下のリンク先をご覧下さい。

http://moura.jp/lifeculture/datebook/


■私がジャバラ週間スケジュールを使わない理由

このように、非常に魅力的な特徴を持っている「超」整理手帳ですが、その魅力の1つであるジャバラ週間スケジュールをなぜ私が使わないか、その理由は以下の通りです。

・シートの切替が面倒!

ジャバラ週間スケジュールは、その性質上紙が分厚く、かさばるため、1年分を3シートに分けた形となっています。その上に、1シートの両面にスケジュールが印刷されています。つまり、片面に2ヶ月分のスケジュールが印刷されている状態です。
そのため、2ヶ月ごとにシートを裏返す、またはシートを差し替える作業が必要となります。
これが予想以上に面倒臭い!ジャバラ週間スケジュールを10年近く使用しましたが、ついに慣れる事はありませんでした。
面倒臭いだけではありません。2ヶ月ごとにスケジュールが分断されている状態なので、結局見通しが悪いのです。図にすると、こういう感じです。

ジャバラ週間スケジュール

これでは、せっかくのジャバラ折が台無しな上に、売りである「スケジュールの見通しの良さ」を得ることができません。この問題の解決法として、年間シートをもう1つ購入してテープで貼りあわせる(!)という方法が提唱された事もありましたが、後述のような事情もあって、結局試しませんでした。

・デジタルでのスケジュール管理がメインになってしまった

上記のような事情も去ることながら、近年はサイボウズOfficeを使って勤め先全体でスケジュールを共有管理するようになり、ジャバラ週間スケジュールは足手まといとなってしまいました。
紙とデジタルの連動は、めちゃくちゃ手間がかかります。
その割に対した成果が無く、無駄を感じるようになってしまいました。


・・・といった理由により、私は「超」整理手帳の魅力の1つであるジャバラ週間スケジュールを使用していません。
その代わり、年間予定表を印刷したものをジャバラ折して挟み込んでいます。
打ち合わせ中にスケジュール調整の行う際は、この年間予定表をチェックするようにしています。
この年間予定表には、会社の行事のほか、年初に決定済みのスケジュールを記入してあります。また、アポイントが入った場合は、この予定表に書いておきます。そうすることで、サイボウズOfficeのスケジュールとのズレを極力減らすようにしています。

この方式を始めて2年経ちますが、特に問題もなく運用できており、すこぶる快適です。

◇◇◇◇◇◇◇

これまでは紙ベースのスケジュール管理が主で、デジタルのスケジュール管理が従でしたが、今後は主従が逆転してくるように思います。
iPhoneの台頭を見るにつけ、その思いを強くする今日この頃です。

これからの手帳は、主たるデジタル情報をどう補完するか、という点が重要になってくるのではないでしょうか。

夏向けのA6ノートカバーを見に行ってきた

そろそろ夏も近いということで、手持ちのA6ノートも夏らしく模様替えしようかと思っています。
A6ノートの場合、ノート用のカバーだけでなく、文庫本カバーも使えるので便利ですね。
ということで、職場近くの東急ハンズ 心斎橋店8Fの文具コーナーで、いろいろ見てきました。

私が行った日(6月15日)は、布素材のブックカバーの特設コーナーが設けられていました。
帆布や着物の素材等を使った、ユニークかつ涼しげなブックカバーが勢ぞろいで、見ているだけで楽しいです。
その中でも、UNITED BEESというメーカーの帆布製ブックカバーが、なかなか良さげでした。

http://www.united-bees.jp/


帆布製文庫本カバーについては、ネットでも購入できるようです。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/unitedbees/ubs-07.html

ネイビーブルーの文庫本カバー、涼しそうで良いですよね。

帆布製文庫本カバー(ネイビーブルー)

結局この日は購入せずじまいだったのですが、また今度見に行ってみようと思います。

私のA6ノート利用法

先日のエントリに書いたとおり、A6ノートを常に携帯しているわけですが、このノートの使い方を少しだけ書いてみようと思います。

まず、ノート自体について。

ノートは、コクヨのキャンパスノート(5号)のA罫です。ノートの大きさは、B5→A5→A6と試行錯誤した結果として、A6がベストだと判断しました。
メーカーには、全然こだわっていません。コクヨのノートが一番入手しやすいので、使っています。

続いて、記入方法。

原則として、1日1ページだけ使うようにしています。
これは紙の節約という意味もありますが、何より「1日」という枠をイメージしやすい、という利点があります。
もちろん、A6ノートの1ページなので、正直言って書ける面積はかなり狭いです。
それを補うために、「ハイテックCコレト」という、かなり細いペンを使っています。
ページの真ん中に縦に1本線を引いて、2段組にして記入しています。後から読み返す際の読みやすさを考えた結果、こういう方式をとっています。
そして、ノートの左上部分に日付と曜日を書きます。
あと、閉じたノートを開きやすくするため、ページ上部に付箋を貼ってます。
これで基本となるフォーマットは完成です。1ページの枠内に、左上から順にメモを書いていきます。

書く内容は、電話メモ、アイディアメモ、落書き等、さまざまです。
メモを書く際、ノートに引いてある横罫線はほとんど無視しています。どちらかというと、素早さ優先ですね。
メモ同士を区別するため、横に区切り線を引くようにしています。

用済みのメモは、赤のペンで右側にチェックマークを付けていきます。
こうすることで、ToDoリストとしても機能します。
1ページの枠内に収まりきれない場合は、ノート末尾のページを切り取って、貼り付けます。ほとんどの場合は1ページに収まるので、滅多にしませんが。

メモを書きっ放しにしても仕方ないので、寝る前にざっと今日一日のおさらいをしておきます。おさらいをしておくと、その日一日のイメージが頭に残りやすいように感じます。

こうして日々のメモを記入していく、という訳です。

もちろん、今のやり方がベストだとは思っていません。いろいろと試行錯誤しながら、より良い方法を探っているのが現状です。

以上、A6ノートの利用法について、でした。

私の手帳の使い方 (2009/6/10版)

以前のエントリにも書いたとおり、手帳に関しては長年にわたって試行錯誤を繰り返してきました。
理想を追い求めるとキリがないんですよね、手帳って。

ただ、ここ2年ほどは安定しています。
参考までに、2009/6/10現在の、私の手帳環境について書いておきます。

主に利用しているツールは、以下の4つです。

・サイボウズOffice
「超」整理手帳
・A6ノート
・4色ボールペン

サイボウズOfficeは、スケジュール管理や社内連絡に利用しています。
ただし、ミーティング等で素早く予定を確認する必要がある場合は、「超」整理手帳に挟んだ年間予定表を利用します。

「超」整理手帳には、年間予定表と連絡先一覧だけを挟んでいます。公式リフィルは一切使用していません。

A6ノートは、業務日誌&メモ書きとして利用しています。1日1ページずつ記入しています。

4色ボールペンは、A6ノートへの記入の他、読んでいる本に書き込みをするときに使っています。


それぞれの詳しい使い方については、別の機会に書いてみたいと思います。

Appendix

プロフィール

ぽちー

Author:ぽちー
妻子ありの社内SEです。奈良県在住。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。